2020年04月17日

緊急事態宣言地域拡大に伴う硬式野球部の活動について

 政府から4月16日に緊急事態宣言が7都府県から全国へと拡大され、本校がある茨城県は「特定警戒地域」の対象となりました。本校の硬式野球部員は先日のご報告どおり、4月15日から自主学習と自主練習を計画的に安全面に考慮しながら行っていました。しかし、今回の政府の発表により日本全国のフェーズも変わりました。

 そこで、本校の硬式野球部もそれに即した形で練習形態を変更させることを判断しました。「子供たちを守ること」は寮で部員全員を指導者が見守る中で生活をすることであるという意見はこれまでと変わらないので、15日以降の生活と同様に高萩キャンパスの敷地内で必ず指導者が観察の元、自主活動を継続して行わせる予定です。変更後はこれまでよりも施設開放時間を制限し、適度な運動時間を確保することと、休校の中で改めて高校生の本分である勉学に向き合う時間にあてたいと考えております。さらに週2回は野球からも離れ、環境整備や文学に触れるなど、野球以外のことから教養を学ぶ時間も確保して参ります。

 まだまだ先が見えない状況ですが、指導者も含めて野球部員全員が共通して、この逆境を受け入れることで、我々がどう進んでいき、何を取り組むべきなのか真価が問われていると捉えています。活動理念でもある、強い人間力を身につけること、最後まで諦めない気持ちをもつこと、今この逆境だからこそ高校生としての活動を通し、諦めずコツコツと自分たちのできることをすることがチーム力につながり、日頃応援してくださる方々への恩返しにもつながると考えております。コロナウイルスの終息まで我々はこの強い気持ちをもって活動して参ります。

今後とも明秀日立高等学校野球部の応援のほどよろしくお願いいたします。
posted by team-meishu at 20:35| 硬式野球部

2020年04月16日

休校中の硬式野球部の活動・帰寮及び帰省について

休校中の硬式野球部の活動・帰寮及び帰省について
 
新型コロナウイルスの影響により、感染拡大防止のため本校も4月15日より臨時休校となりました。

本校の硬式野球部員は全員が寮生であり、3月2日からの休校の際には全員自宅に帰省させました。帰省後毎日検温を行い、発熱が1度もなかった生徒を25日に帰寮させました。4月15日現在寮内に発熱したものは一人もいない状況です。野球部部員の中には現在「緊急事態宣言」が発令された地域出身の生徒も存在し、帰省させるよりも比較的感染が広がっていない県北地域の高萩の寮で規則正しい生活を送らせる方が安全であると判断しました。

密閉・密集・密接を避ける活動を計画し、高萩キャンパス内の施設を開放します。寮生が自主練習、自主学習を行う間、必ず指導者が立ち会い、体調面、安全面に気を配りながら観察を行います。

また、発熱した場合の処置に関しましては、本校HPにある ・明秀学園日立高等学校「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」(2020.03.23)・明秀学園日立高等学校部活動「新型コロナウイルス感染に伴う寮生帰寮に関するガイドライン」(2020.3.25)に沿って行います。

今回のコロナウイルス問題に関して最優先すべきは、子供たちを守ることであると考えています。そこで、寮を解散せず、部員全員で活動し、指導者が見守ることが『生徒たちを守ることになる』と考え、野球部にとって一番の答えだと判断しました。

今後とも明秀日立高等学校野球部の応援のほどよろしくお願い致します。
posted by team-meishu at 13:21| 硬式野球部