2015年06月09日

明秀バレーボールSTORY6月号

明秀バレーボールSTORY 6月号
〜ONE FOR ALL ALL FOR ONE〜
あきらめない
 梅雨冷えが肌寒い季節になりましたが皆様お変わりございませんか。
 5月9日・10日に行われた関東予選におきましては沢山の応援ありがとうございました。沢山の方々が足を運んで頂いたことにとても感謝しています。結果は、2日目の常総学院との試合で自分たちが決めることができず、簡単なボールまで落としてしまい、相手の流れを立ち切れないまま負けてしまいました。
 このような結果をふまえて、自分たちに今必要なことは“やりきる”ということです。中途半端にやめてしまうのではなく、苦しい状況の中でも自分たちが“やりきる”力をつけることで自分たちの成長を見出すことが出来ます。出来なくてもやらなくては成長・成功の道は開けません。進化への入り口は「迷い」です。たくさん悩み、迷うからこそ、たくさんの答えを見出すことが出来、過去の自分を土台に新たな自分を作り上げることが出来ます。選手1人1人の課題もチーム課題も浮きぼりになった今大会でした。
 次のインターハイ予選では選手1人1人そしてチームが1つ1つの課題と向き合い、常に“やりきる”力をつけ目標である「優勝」をしたいと思います。応援よろしくお願い致します。
 暑い日が続いておりますので、お体には十分お気をつけてお過ごし下さい。

3V Various Viows on Volleyball
 今回は、先生からもらった資料の中の「成功をあきらめてはいけない」という資料について書きます。成功では、自分自身で価値ある目標を設定し、段階を追って実現してゆくことです。この資料に
 30代になっても成功できないなら、今から始めればいい。
 40代になっても成功できないなら、今から始めればいい。
               ・
               ・
               ・
 100代になっても成功できないなら、今から始めればいい。
と、書いてあります。常に目標を持ち、実現するためにすぐに頑張ることが大切だと思います。「今からやる」ということがとても大切なのです。成功をあきらめることは、自分の人生をあきらめることです。才能ではなく、範囲を絞れば身近な人へ貢献に集中すれば誰でも、絶対に成功できると書いてあります。だから、成功をあきらめず目標を持って頑張りましょう。

作成者 渡邉麻佑子  桑田 瑞生
posted by team-meishu at 11:05| 女子バレーボール部

明秀バレーボールSTORY5月号

明秀バレーボールSTORY 5月号
〜ONE FOR ALL ALL FOR ONE〜
新年度
清々しい5月晴れが快い季節となりましたが、いかがお過ごしですか。私達は、6日に始業式があり新年度がスタートしました。2年生は新しいクラスとなり、3年生は変わりはありませんが、高校最後の年となりました。悔いのないように1日1日を過ごしていきたいです。そして、7日には入学式が行われ、新1年生が入学してきました。新しい環境で不安もあると思いますが、明秀生として一緒に頑張っていきたいです。11日には、バレー部で新入生歓迎会を行いました。企画や準備をして頂いた先生、父母の皆様には感謝がいっぱいです。いつも応援して頂いている分、必ず結果として返せるよう頑張ります。
 それぞれ新しい環境となりましたが、目標は変わりません。チーム全員で目標に向けてより頑張っていきたいと思います。変わらず応援の方、よろしくお願い致します。
 過ごしやすい季節ではありますが、体調を崩さないようお気をつけください。

3V Various Viows on Volleyball
 今回は、先生からもらった資料で「見えざる壁」という資料について書かせて頂きます。1つの水槽に、おとなしいサワラと、そうもうなカマスを入れ、1枚のガラスで仕切り、2匹の魚を隔離していました。カマスは、ガラスの仕切りに気づかず、すぐ、サワラに襲いかかろうとしました。そのたびに、カマスはガラスに何度も鼻先をぶつけてしまい、しまいには攻撃をあきらめてしまいました。しばらくして仕切りのガラスを外しました。カマスは、仕切りのあった所まで泳いでいきますが、そこまで行くと止まって、引き返してしまいます。まだ、仕切りがあると思おうからです。このカマスのような人は大勢います。私達もカマスのように、自分で自分の限界を決めてあきらめてしまったりしています。しかし、何かつらいこと、できないこと、障害にぶつかるとあきらめてしまっていたら成長することはできません。この資料の最後に「人間の成長と進歩を阻ま壁は、ただひとつ、それは、自分で勝手に限界と思い込んで、自分の心につくった壁なのです」と書かれています。100回失敗しても101回目は成功するかもしれません。かと1回で成功するかもしれないのにその前にあきらめてしまったら、とてももったいないことです。どんな障害にもぶつかっても、あきらめないで頑張り続けることが自分の成長へとつながるのです。

大会に向けて
 5月9・10日に関東予選があります。その大会に向けて私達は今練習しています。4月18・19日は米沢中央高校に合宿にいき、25日・26日は群馬銀行に合宿に行きました。どちらの合宿も練習でやっていることが出せなかったり、できないことがたくさんあったり、上手くいかなことがほとんどでした。ですが、ここが私達がまだ成長できるときだと思います。下を向かず前向きに、もう一段階成長して大会に望めるように頑張ります。また、この合宿ででた反省点を改善していけるよう練習で取り組んでいきたいと思います。3年生にとっては人生で最後の関東予選になります。しっかり結果がでするように、18人みんなで頑張ります。

作成者 渡邉麻佑子  桑田 瑞生
posted by team-meishu at 11:02| 女子バレーボール部

明秀バレーボールSTORY4月号

明秀バレーボールSTORY 4月号
〜ONE FOR ALL ALL FOR ONE〜
第二歩
 日増しに春めいてきてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。私達は、春休みに入り変わらず元気に練習しています。3月は、2月の基礎練習をもとに練習試合を多く行いました。8日には水戸聾学校に行き合同練習を行いました。ここでは、耳の不自由な生徒と一緒に練習をして、相手の立場になって話したりすることや私達がどれだけ恵まれた環境にいることがわかり、とてもよい経験をすることができました。そして、14日・15日は山形県米沢中央高校に行き、私達の甘さや弱さを知りました。23日・24日は新潟県長岡商業高校に、25日から28日は石川県金沢商業高校に合宿に行きました。春高に出場している高校と練習試合をし、大きいものを得ることができました。この経験を生かしまた頑張っていきたいと思います。
 そして、もの少しで新入生が入学し、1年生は2年生に、2年生は3年生となり、それぞれの学年が1つ上がります。その自覚を1人1人が持ち生活していきたいと思います。
 花冷えの時節柄、お体にくれぐれもご自愛ください。

3V Various Viows on Volleyball
 今回は、水戸聾学校に行ったということで、コミュニケーションについて書かせて頂きます。まず、コミュニケーションの意味は、表情や言葉を通じて情報を共有すること、情報を発し合い受け取り合いする交わりです。コミュニケーションとは、コミュニケーション行動の機能はたんの情報の伝達にとどまらず、情報的な共感、さらには相手の行動の制御を幅広く含みます。情報の種類は、感情・意思・思考・知識などがあり、受け取るまたは、伝えるためには言葉・表情・ジェスチャーなど必要です。他者に対して自分の心の状態を伝えることで働きかけるだけではなく、他者から受け取った情報により、相手の心の状態を読み取ったり共感することができます。そして、共感が積み重なってゆけばゆくほど人間関係は深くなります。言葉の交換は人間関係の基本的条件ですが、沢山使っても理解し合うのは難しいです。顔の表情、顔色、視線、体の姿勢も大事になっていきます。言葉だけではなく、心でコミュニケーションをとるということが大切だと思います。


作成者 渡邉麻佑子  桑田 瑞生
posted by team-meishu at 10:59| 女子バレーボール部

2015年06月01日

女子バレー部 明秀バレーボールSTORY3月号

明秀バレーボールSTORY 3月号
〜ONE FOR ALL ALL FOR ONE〜
3年生のみなさんご卒業おめでとうございます。
 春の快い季節となり、卒業を迎えました。2月28日に3年生を送る会を行い3月1日は本校で卒業式が行われました。もう3年生がいないと思うと、とても寂しいです。3年生は私達にたくさんアドバイスしてくれて、時には厳しく、時には優しく接してくださいました。プレーをしている3年生は本当にかっこ良くて、輝いていました。3年生に本当に感謝の気持ちでいっぱいで、一緒に過ごすことができた日々は宝物です。3年生が果たすことのできなかった夢を私達が叶えます。

Vリーグ
 2月21日と22日にひたちなか総合体育館で行われたVリーグの試合を見てきました。21日は上尾メディクスVS東レアローズと日立リヴァーレVS久光スプリングスの試合を、22日は上尾メディクスVS久光スプリングスと日立リヴァーレVS東レアローズの試合を見ました。
 試合を見てVリーグの人達のレベルのは高く観ている人を感動させるプレーがたくさんありました。特にカバーにいってる人のカバーに必ず入っていて自分達が課題としていることがすべてできていたので、それをマネして自分達のプレーに生かしていきたいと思います。

3V Various Viows on Volleyball
 今回は毎朝行っているミィーティングの話の中から「姿勢」について書かせて頂きたいと思います。
姿勢が悪い
  ↓
体に負担(靭帯や椎間板)
  ↓
ネガティブな考え(猫背→器官を圧迫→呼吸が浅くなる→気持ちが落ち込みやすくなる)


姿勢を正す
  ↓
体温が上昇、腰痛の改善、集中力の向上
<例>勉強がはかどらない・・・。上手くいかない・・・。って時に姿勢が悪いかもしれません。
  ↓
背筋を伸ばすことを意識(姿勢を変える)
   ↓
姿勢が良いと気持ちが前向きになります。
このように姿勢が良いことは、体にも心にもプラスになります。普段の生活から意識していきましょう。

発行者 渡邉麻佑子  桑田 瑞生
posted by team-meishu at 12:57| 女子バレーボール部

2014年02月19日

新人戦結果報告

更新遅くなりました。ひさびさの更新です。
2月1・2日に行われた新人戦の結果報告をさせていただきたいと思います。
新人1日目
1回戦 対鹿島高校
25−8
25−15 勝利
初戦ということでみんな硬さはありましたが、終盤コンビも合ってきて
良いスタートが切ることができました。

2回戦 対常総学院
25−20
25−18 勝利 ベスト8(県シード奪還)
県私学決勝でも戦った相手、今年1年間を占う戦いと言っても過言ではない一戦でした。試合内容は、一進一退の攻防が続きハラハラする試合展開になりましたが、試合終盤ミスがなく試合を進めることができ、勝つことができました。
今大会の最低目標を無事クリア!!!!

2日目
3回戦 対大成女子
25−13
26−24 勝利 ベスト4
2セット目の終盤に連続失点があり、逆転を許す場面もありました。粘って、粘ってボールを繋ぎ粘り勝ちをすることができました。

4回戦 対東洋大牛久
20−25
25−19
19−25 敗戦
1セット目から自分達の流れを作ることができなく、終始相手のバレーで簡単にセットを落としてしまいました。続く2セット目は、サーブから連続得点を奪い一気にセットを奪い返しました。勝負の3セット、中盤までは一進一退の攻防終盤にさしかかった時ミスが出てしまいそのまま追いつくことができず敗戦。

この大会を通じ地区大会から勝ち上がっていく厳しさや難しさを痛感しました。応援をしてくれた方々やOGのみなさん、保護者の方々にはお褒めのお言葉をいただきありがとうございました。しかし、私たちの目標は優勝であって、ベスト4ではありません。この大会で、新たな課題も見つかりました。ベスト4のままで終わるつもりはありません。4月には新入生を迎え、さらなるパワーアップ・スキルアップを目指し日々精進していきます。


                           ♯3 遠藤 佳奈子


 はじめまして、昨年より監督をさせていただいてます川村です。新チームでの初公式戦である新人戦において、まず県シード奪還ができ嬉しく思うと同時に、選手・保護者の方々には感謝の想いでいっぱいです。生徒の記事の中でもあったように目標は”優勝”でした。それを果たせなかった事、そこまでチームを持っていけなかった事について、悔しく思っています。しかし、新人チームの公式戦は始まったばかりです。次の公式戦関東大会予選にむけ、チーム目標は優勝とし頑張っていきます。
 今大会中、さまざまな方々に応援していただきありがとうございました。この場をお借りし御礼申し上げます。

                           ♯監督 川村 真一
DSC_0370.JPG
DSC_0497.JPGDSC_0387.JPGDSC_0371.JPG

2013年12月29日

大会報告

みなさん こんにちは。
今回担当します星野奈央です。
11月13日に行われた県私学大会で優勝し、本来ならその後の関東大会に出場することになっていましたが、県の新人戦県北大会と日程が重なってしまい出場ができませんでした。この関東大会で自分たちのバレーがどこまで通用するか試したかったですが気持ちを切り替え、県北地区大会に臨みました。

1試合目 佐竹高等学校 決勝 太田第一高等学校と試合をしました。
結果優勝することができましたが、まだまだミスや課題が多く満足いく結果ではありませんでした。

県北地区大会はチーム目標の通過点です。
県大会まであと約1ヶ月あります。今回の大会で得られた課題を一つ一つクリアし、県大会でも結果が出せるように練習に励みたいと思います。


12月27日・28日、明秀学園の体育館と駒王中学校の体育館をお借りし、中学生対象の白梅カップが行われました。今年で12回目を迎えることができ、私たち生徒もうれしく思っています。参加校は、私たちの母校や県北地区の中学校が中心に参加してくれ盛大に行うことができました。大会の運営や審判をしながら中学生の頑張りや技術の高さを見て、私たちも負けてられないという気持ちになりました。是非、私たち明秀バレー部も頑張りますので中学生のみなさんも頑張って下さい。
また、練習も一緒にやりましょうね!!では、みなさん良いお年をお迎え下さい。


                           ♯6 星野 奈央
posted by team-meishu at 16:10| 女子バレーボール部

2013年12月09日

第2回目 更新( ^)o(^ )

みなさん、こんにちは。
明秀バレー部キャプテン中山瑞稀です。
私からは、明秀バレー部の今までとこれからを近況報告という形でアップさせていただきます。

このホームページのタイトル”常に今、全力を尽くせ”ですが、この言葉は前監督 池谷優先生の教えでした。
池谷先生はいつも「今しかできないバレーボールを全力でやれっっっ!!!」とおっしゃていました。
そんな池谷先生の一言、一言は今までも私たちの心の中で生き続けています。
これからも、池谷先生と共に戦っていきます。

池谷先生が亡くなり、顧問の先生がいなくなってしまった私たちに暖かな手をさしのべてくださったのが、今の監督である川村真一先生でした。最初は、先生と選手の間に壁があり、もめることやぶつかりあう事など、試合の成績も良いものではありませんでした。
 しかし、今では先生を信じ、仲間を信じ、信じあう事の大切さを学びチーム一丸となり日々練習に励んでいます。

私たちは部員も少なく、県内でも小柄なチームですが”県大会優勝”を目標にし、頑張っています。
2月に行われる県新人大会では、優勝はもちろんのこと
  @仲間を信じること
  A常に今全力を尽くせ
  B全力smile
       を目標に大会に臨みたいと思います。
チーム全体が晴れ晴れとした雰囲気で顔晴れ(頑張れ)ればと思っています。

最後に私たちは今まで、たくさんの人に支えられ助けていただきながらバレーボールをしてきました。この方々への感謝の気持ちを忘れず新人戦で必ず良い成績を残します。
 
                    ♯1 中山 瑞稀
DSC_0044.JPG
DSC_0043.JPG
posted by team-meishu at 19:00| 女子バレーボール部

2013年12月04日

祝 初投稿(^◇^)

初めまして、こんにちは!
明秀日立バレー部の遠藤佳南子です。
ホームページをリニューアルするということでブログを始めることになりました。
このブログは大会結果や近況報告などをメンバーが随時更新していきます。
まだ始めたばかりなので、上手くいかないことも多いですが、温かく見守っていただければ幸いです。

さて、11月13日に常総学院で行われた県私学新人大会で優勝することができました!!
今までずっと結果が出せなくて悩んだり、苦しかったこと辛かったこともありましたが、
チームメイトと先生を信じてやってきてよかったです。
いつも支え、応援してくれた両親や関係者のみなさん本当にありがとうございます。
これでやっと池谷先生に良い報告ができます。
池谷先生、これからも見守っていて下さい。


最後に、OGの方々、両親、先生、仲間のために、
「常に今、全力を尽くせ」の言葉を胸に、これからも頑張っていくので応援宜しくお願い致します。
是非、明秀の体育館へ足を運んで観に来て下さい。

それでは、次の更新にご期待ください!

1384341333826.jpg


                          ♯5  遠藤 佳南子
posted by team-meishu at 16:22| 女子バレーボール部